無題日記
描いたり、作ったり、変身したりしている人のブログ。どこを目指しているのかどうなるのかは自分でも分からない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝手におまけ劇場愛美編・完成記念対談
kimikiss勝手におまけ劇場愛美編完成ということでSSSあきさんと対談させていただきましたー!!
制作にまつわる裏話とか想いとかそんな感じのを語ってます。というか脱線しまくりでほとんど雑談に近いかもしれませんが…

※愛美編の内容に関してかなりラストまで語ってるのでゲームプレイ中の人やこれからと思ってる人は注意してね。

taidann.jpg
2010年2月下旬、メッセにて。
SSSあき氏は飲み会の帰りでこの日も酔ってられました。

飛雄 :お疲れ様ですー!!完成しましたねー
sss :はーいお疲れ様でしたー! そして余りに遅れすぎてすいませんごめんなさい本当にごめんなさいなるみに踏まれてきます
飛雄 :男は黙って残酷うどん!! いえいえー完成できてなによりです
sss :ロマンは! 男の浪マンは! ええと初めてギタえりあきさんに挿絵もらったのっていつでしたっけ・・・ええと、・・・うわ、2007年の12月;
飛雄 :ゲーム制作の話がでたのが07年の11月ですからねー ライダーでいうと電王放送時でゼロノス・ゼロフォームが活躍してた頃ですねー
sss :うわぁ、まだディケイドすら放送されてないという・・・。実質の製作期間はもっと短いんですけどね;
飛雄 :そういえば、ずっと聞きたいと思ってたんですが何故、愛美をヒロインにしようと?
sss :あれ? はてなんででしたかいのう・・・。ちょっと思い出すのに時間ください
飛雄 :まさに「人の記憶こそ時間」
sss :うーん、単純に人気だったから、という理由がつよかったような。個人的にも
飛雄 :確かにサブキャラではダントツの人気ですからね、まなるっこは
sss :ですねー、で、るっことまなまなどっちを取るかって話になると、愛美の方が個人的に好みだったんで。不思議少女に弱いんですよ
飛雄 :そうなんですかー 愛美というキャラも本編ではそんなに出番無いですからね、不思議なキャラだしよく分からない(笑)
sss :そうそう、ですからいざ書こうとすると難しいんですよ(笑)後半あたりからは、愛美の喋り方ってこんな雰囲気だろうか・・・と試行錯誤しっぱなしで
飛雄 :描く分にも愛美の雰囲気って難しいんですよね 不気味な感じだけどその中に可愛さがあるような
sss :ですねぇ、知れば知るほど深みにはまるというか。距離感がつかめない感じが凄くするというか
―出会いイベントに関して―
飛雄 :さて、この辺でゲームの流れにそって内容のお話でも。まず出会いイベントから。 結構、苦労したんじゃないですか出会いイベント。
sss :いや、あそこは結構スルスルできたかと思います。まぁフラッシュ作り始めた頃で、やる気も十分あったころなんで
飛雄 :後で思ったんですが相原さんをネギで叩くシーン、なるみの立ち絵でお玉を振るヤツのような感じで動かしても面白かったかもしれませんね
sss :そこまでこだわると大変ですよー(お互い
というか、当初は手抜きで作るというのを念頭においてたのに、やたらシナリオが厚くなったのもありますね;
飛雄 :確かにゲームと同じく一通りのイベントこなしてますからね(笑)
sss :最初の頃は愛美がよく動いてたんですよ、雨の中勝手に走り出すシーンとか
飛雄 :そうだったんですか 個人的に雨降りのイベント好きですー このイベントは愛美と相原さんの関係がよくでてますよね
sss :ですねー、振り回す方、振り回される方、需要と供給がしっかりなりたってるというか。自分も作ってて”らしく”できたなと
飛雄 :二回目のマッチング会話でキスの話題出してくる相原さんですが、別に超展開というわけでなくこれが相原さんなんですよね(笑)
sss :ですねぇ、相原さんにかかれば、水着の話題もさらりと出せますし(えー) 結構メタ的なつっこみいれまくってるんですけどね、なんでイタリア語やねん、とか
飛雄 :各ヒロイン攻略後に貰えるマッチング会話がほとんどそのヒロイン専用に近いですからねー
sss :うどんの話題の汎用性には舌をまきますが(笑)
飛雄 :摩央姉でも使えますからねぇ あ、神風がこのゲーム初のイベント絵なんですね
sss :あ、そういえばそうなるんですかね。・・・神風といえばギタえりあきさんのこだわりと言える部分が
飛雄 :太ももの黒タイツ横ラインですね!最初は無かったんでわざわざ後で描き足したという…
sss :確かメッセの絵をかけるツールまで使って説明してくれたような・・・あれを見たとき「この人は本気だ・・・!」と思いました(笑
飛雄 :あとパンツ見えたほうが描くほうにはラクだったんですが、ここは原作リスペクトで見えない且エロくなるように頑張りました!
sss :チラリズムの局地ですよね、見えないからこそ履いてないと言い切れる訳ですし
飛雄 :履いてない=栗生さんしか思いおかばない自分は相当ダメになってるとみたー!
sss :校則の模範たる栗生さんが履いてないんですから、生徒たちもしかりではなかろうか
飛雄 :パンツ履いていると駄目な輝日南高恐るべし… 栗生さんって風紀正してるつもりなのに乱してる器用な人ですよね(笑)


―キスイベント~デートイベントに関して―
飛雄 :この後、初のキスイベントそしてデートと大イベント連続できますね
sss :ですねぇ、ゲーム的に一番盛り上がる部分。キスシーンに関しましては、たどたどしいんだか自然なんだか、手探る状態ですね
飛雄 :愛美相手だとキスしようとして本当にどうなるか分かったもんじゃないですからね(笑)
sss :まぁ愛美もファーストキスですから、そこはあまり意外性は必要ない気がする、といってもあんまりにまんますぎるのもらしくない、という訳で軽くひねった感じですね
飛雄 :こういう微妙なさじ加減が難しいトコですよね愛美は。デートイベントですが、結構苦労してたような気がしますが…
sss :確か久しぶりに作業を再開してた時期ですんで、感覚思い出すのに時間がかかった、ってのが一番ですね。アマガミプレイしてなかったら、お化け屋敷ネタは思いつきませんでしたし・・・
飛雄 :丁度、デートイベントどうしようかという話している時がアマガミ発売してちょっと経ったくらいだったんですよね
sss :普通は全部シナリオ決めてから制作するのが普通の流れですけど、おおまかな流れしかきめずに作業してますから、結構いきあたりばったりなんですよね(汗)
まぁ遊園地にしたのは、海だと水着がいるからという至極単純な理由だったんですが
飛雄 :でも世界観広がったというかここでアマガミネタ入れたのは良かったと思いますよ
sss :正直随分助けられましたね、愛美の口調についてもチェックしやすくなりましたし
飛雄 :あと愛歌のお陰で飛羽ファンも増えたんじゃないかと思うのでアマガミ発売まで作業延びたのは逆に良かったかもしれませんね
sss :ですね!      まぁ本当はアマガミの発売にあわせて作品発表してれば(ry
飛雄 :まぁアマガミでもまさかまなるっこが登場するとは思ってませんでしたし、仕方ないかとー
sss :ともかくまなるっこ再登場のおかげで、なんとか最後までこぎつける事はできましたね
飛雄 :アマガミ様様ですね(笑)
sss :いやはや本当(笑)
飛雄 :アマガミではオバケ屋敷でヒロインのほうの姿が変わってましたがこっちだと相原さん(主人公)側が変わってしまうというのは意外性あっていいですよね
sss :ええ。けしてまなまなの立ち絵を変えないためという訳でなく。まぁ、見えてないからこそ、女装ネタとか使えるわけですけどね。実際に絵まであるとギャグになりにくいですし
飛雄 :プレイしている人にはここだけ東雲版相原さんでゴスロリな相原さんを想像した人が多そうです(笑)
sss :東雲相原さんのかわいさは異常ですね(笑)
あ、そういえばその後の神社のシーンでは、挿絵追加していただきありがとうございました
飛雄 :いえいえ、どういたしましてー そういえばこの時にSSSあきさんから「絵柄変わりました?」って聞かれてその時は自分では良く分からなかったんですけど、最近になって「あれ?絵柄変わったなぁ」と気づきました
sss :ああ、そういえば言いましたね。印象が変わってると思ったもんで
飛雄 :意外と自分では気づかないものだなぁと改めて思いましたよ。あ、ついでにここで書いときますが、このイベント絵が某風紀委員さん押し倒しイベント絵に似てますがキニシナイでね☆
sss :あれ?確か風紀委員は両手をあげていたので微妙に違うような・・・、・・・まぁキニシナイでおきましょうか☆乃
飛雄 :そういえばこの神社ですけど、サクラのつぼみが早く咲いたり、近くに秘密基地あったりとかするとこですか?
sss :あ、それは全く関係ないです。今いわれてそのイベント思い出したくらいなんで
飛雄 :ああ、そうなんですか てっきりここでも世界の融合が始まっているのかと
sss :ディケイド「はいはい俺のせい俺のせい」
飛雄 :そこは仮面優等生くらいにしといたほうが(笑)


―跳び箱イベントに関して―
飛雄 :次に飛び箱イベントですが…
sss :はい、なんでしょう?
飛雄 :やー今、跳び箱に入ってきた愛美が体操服だと考えるとなんだか興奮してきたよ!!
sss :岡星さん何やってるんすか! まぁ跳び箱で密着というネタは、ふたばスレで何度かSSSにしてるシチュですし、それをそのまま使った感じですね
飛雄 :あ…体操服という確証はありませんね まぁ体育館倉庫に来るくらいだしここは自分の脳内では体操服ということにしときます!
sss :岡星さん!
飛雄 :跳び箱イベントはアマガミでも引き継がれてましたっけ? 
sss :アマガミにはなかったかと思いますよ? いや、全員まだクリアしてませんが(汗)
飛雄 :ああ、そうでしたか なんだか梨穂子のを見たような気がしたんですが幻術なのだでしたか
sss :いや、先程も述べたようにまだプレイしきってなくて(汗)申し訳ないです
飛雄 :あーそういえばなんか梨穂子がジャージの下を貸してくれてた気がするのであったと思います
sss :・・・橘さんはハンパないっすね
飛雄 :いえいえ、自分ももう一年近くプレイしてないので忘れかけてました…;
でも一瞬、脳内でそれが存在してたかのようにガッチリ自分の好きなイベントを作り上げていたのかと怖くなりましたよ…!

sss :ギタえりあきさんは女の子のジャージの下を履きたいと、メモメモ
飛雄 :そ、そんなことはな……いこともないので困ります
sss :否定はしないんですか(笑) まぁ跳び箱イベントはそんなところですかねぇ
飛雄 :次のマッチング会話ですが、転校の話題が割りと生きてますね
sss :エンブレギャルゲーの伝統ですからね、これもうまくアマガミネタと絡まりましたし
飛雄 :どこまでも我々を助けてくれるというのかアマガミ!!
sss :ですねー。・・・アマガミは早くプレイしおわって、寿司屋でみんながダベる話とかかきたいんですがねー
飛雄 :何故かそれを聞いて脳内で屋台寿司屋で皆が飲みながらダベってるイメージが…
sss :あ、やろうとしたのはメチャいけ矢部っち寿司なのであながち間違いではありません。思い出したのがシンケンジャーとかだったら違いますが
飛雄 :むしろシンケンしか…(笑)


―文化祭イベントに関して―
飛雄 :えー話が戻って最後の山場、文化祭ではここぞって各ヒロインがでてきますね
sss :ぶっちゃけると苦肉の策ですね。flashゲームとはいえ他のキャラの登場を待ってる人もいる、けど途中で登場させるのも難しい、だったら最後にまとめて・・・と。おかげで話は作りやすくなりましたね
あと、ギタえりあきさんがプレイしたあといったとおり、二見さんの扱いがひどいです(笑
飛雄 :でも途中で愛美と無理やり絡めるよりこういった登場がファンサービス的でもあり、ネタ的にも面白くって良かったと思いますよー
sss :そう言ってくださるとありがたいですね
飛雄 :最初は二見さんが出て愛美と対決するような話を聞いてたんでもっと出番あるかと思ってたら…(笑)
sss :あーそんな事いったおぼえが
本格的に絡ませたらおもしろそうなんですけど、何しろ終盤はいかに最後までもっていくかって事で頭がいっぱいでして
飛雄 :まぁ「予定は未定」という言葉もありますしね。対決どころか二見さん的には愛美と馴染むという
sss :どっちが主導権握るかわかりませんよね、あの二人。ぜひ公式でみたかった
飛雄 :本当にもっと内容が少なかったら二見さんとの対決はあっても良かったと思いますが、全体的に考えると他のヒロインも均等に出てきてバランスとれてて良かったかとー
sss :まぁそれこそ隠しシナリオとかでやるべきで、本編ではあの程度でいいかなぁ、と
飛雄 :あと思ったんですが、この文化祭から愛美さんちょっと暴走しはじめてますよね…?
sss :ああ、それは結構意識してますね、露骨なアピールとか
飛雄 :なんだかちょっと照れてるんだけど、それを大げさにして隠している感とかありますよね
sss :そうですね、下手に隠すとツンデレになっちゃうんで、それは愛美じゃないと
飛雄 :愛美はなんですかねー…ヘンデレ?妙デレ? とにかくツンデレやクーデレとはまったく違ったキャラなのは確かですよね
sss :そうですねぇ・・・、知ってるかはわかりませんが謎の彼女Xに似た感じはあるかもです
飛雄 :植芝理一先生作品は自分も強い影響受けてるくらい好きですよー 
sss :あれに近いくらい現実離れしたキャラなのは確かですね、いい意味でまともな恋愛はしなさそうな
飛雄 :こういうキャラで一番有名なのは綾波ですかねー?まぁ綾波でさえまだ普通っぽいとこはありますが
sss :綾波は・・・人間らしさに不得手というか、感情が表にでにくいというか、そういうタイプだとは思うんですが、愛美の場合は生まれてから別方向につっぱしってるというか(笑)どんな環境、どんな育て方されたのか気になるところです
飛雄 :用は掴みどころがあるかどうかですかねー、確かに愛美は家族とか今までの過去とかもイメージ沸かないですからね
sss :正体不明、ってところが愛美の魅力かと
飛雄 :アマガミでの登場も色々考えたら深そうですしね(笑)
sss :ただの客演と考えるには惜しい気はします、もっと妄想したいというか(笑)
飛雄 :次回作にも登場して4作目くらいで種明かしとかあるとビックリなんですが(笑) 
sss :しかしスレでも話題になりましたが、他に愛(まな)から始まる名前はあるのか、と(笑) 愛佳くらいですかね
飛雄 さんの発言:愛栖(あいす)というDQNっぽい名前が思い浮かびましたが(笑)
sss :キャラ的にはあってる・・・のか?

―ラストシーンに関して―
さて、あと語るのはラストシーンとエンディングくらいですかね、ここらへんは正直語ることも少ないですが・・・
飛雄 :ラストシーンのキスからEDはスムーズに綺麗な流れのように感じます
sss :そうですね。まぁ、エンディングって場面転換が続くのがおおいじゃないですか、じゃあそれに意味があるようなシーンにしようかと(次々場面がかわるのは、実は相原さんが駆けずり回ってたみたいな)
伝統的に、締めはヒロインの独白なんで、台詞はかなり苦労しましたね・・・
飛雄 :なるほど、あの場面転換はそんな意味が!そう思うとより相原さんの必死さが伝わってきますね
sss :状況的には、学校にいてる相原さんに、「私はどーこだ」ってメールが来て、って感じですね。・・・普通だったら怒って当然の仕打ちですが(笑)
飛雄 :でもそういうのが恋人っぽい馬鹿馬鹿しさというか二人だけしか楽しくないような雰囲気があって好きですねー
sss :相原さんはそういう愛美が好きで、付き合う事になってしまった訳で
飛雄 :そう思うと相原さんが弄ばれている様だけど、愛美の遊びに「付き合ってあげている」ということでもあるんですよね
sss :ですね。まぁそもそも相原さんって、難儀な相手ほどハマりやすいじゃないですか、二見さんしかり、能登しかり
飛雄 :そうですね 興味心からの恋みたいな
sss :だから愛美との関係は、相原さんにとっては寧ろ自然かな、と。普通の恋じゃまず満足できないでしょうし
飛雄 :確かに相原さんはヒロインとその後、結構離れる(近くにいないという意味での)パターンが多いですしね
sss :愛美さんも、東の方に行っちゃう可能性がありますしね
飛雄 :そういえばラストでの愛美の「先輩は速度が足りない」という台詞が独特で印象深いなーと
sss :(・・・某アニメの速さが足りないのパロディとは言えない)あ、そうですかそれは良かったです
飛雄 :そうだったんですね まぁ、こういう妙な言い回しが愛美っぽいと思いますよ
sss :ですねー、口調がほんと独特で。逆に普通の台詞を書くタイミングも難しいですし
まぁ、最後までなんとか愛美ってやつを書けたかなと、プレイしなおして思います
飛雄 :愛美って普段からも掴めないキャラですが、それが恋愛することで変わっていく様子が本当にでてるんですよね、序々にお互いに惹かれあっていくのがプレイすることで伝わってくる。改めてSSSあきさんは凄い!と思い知らされましたよ
sss :ははは、そんなに褒めてもおまけモードの実装は早まりませんよ(しろよ
飛雄 :やー 変な言い方かもしれませんが、本当に愛美というキャラに恋愛させるのは難しいと思いますよ 
sss :確かに想像しにくいといえばしにくいですが、まあさっき言いました通り、相原さんが特殊なんですよ
普通だったら恋愛対象になりにくい相手ですら攻略しちゃいますから、だから、相原さんというキャラを作ったスタッフ様がすごいんですね
(ギャルゲーの主人公でそこまで個性があっていいのかというツッコミがありそうですが)
飛雄 :まぁ確かに相原さんならアスカターンラブなミッチーだって霧島さんだって難なく攻略できそうですからねぇ
sss :おまけシナリオとはいえ天帝ですら落としましたからねぇ

―次回作(?)に関して―
飛雄 :最後に次回作についてでも…
まぁ単なる作るんならっという妄想に近い話でも構いませんので(笑)

sss :・・・・・・・・・柊が見てるだけというフラッシュを嘘ですごめんなさいやめてください
飛雄 :柊は立ち絵も既にあるし、ちょおまの知ちゃんみたいな感じで柊編もいいですね
sss :としあきは喜ぶんですか、柊シナリオ(笑)
飛雄 :少なくとも自分は喜びますよ、柊シナリオ(笑)
sss :まぁネタとしては面白そうですかね(笑)
飛雄:や、ホモとかじゃなくて!た、単に福山潤のキャラが好きなだけですからねっ!!
sss :なぜそこでツンデレ。まあ考慮しときますッス
飛雄 :自分的には後はアマガミで響さんシナリオとか、やっぱりるっこシナリオを期待したいところですが
sss :アマガミは、ロミオ君が主役のシナリオとかやりたいかなぁとも。でも一番やりたいのは、やっぱり寿司屋ですね・・・
まあ順当にいけばるっこですかね、できるだけ他の愛好会とは差別化して
飛雄 :るっこ編あるなら気になるのはなるみの立ち絵があるかどうかですかね(笑)
sss さんの発言:要らな、まぁ他の二人がそろっていてなるみが無いというのは寂しいですかね
飛雄 :逆になるみは恵まれないキャラだという印象があるのでなくても別にいい気もしてしまいます(笑)
sss :個人的にはなるみそんなに嫌いじゃないんですけどね、ただ、ネタとして弄りやすいというか
飛雄 :弄られキャラですよね ヤムチャとかそんな感じの愛され方、自分の中ではうどん同好会のマスコットキャラのような存在ですね
SSSあきさんとゲームとは限らずになにか共同でまた制作できたらなと思ってます

sss :あ、それはこちらこそ是非。どんな形でもいいですしね
飛雄 :その時はよろしくですー それでは本日はこの辺で
sss :はい、今日は本当ありがとうございましたー
飛雄 :ありがとうございましたー!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
プレイしてきました。
スゲーっす。
2010/03/14(日) 21:40:08 | URL | 蛙一 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
凄いのはSSSあきさんのお陰ですねー。
やっぱりストーリーがあると絵も違って見えてくるものだなと自分で描いた絵だけにそう思いましたね。

2010/03/30(火) 11:32:25 | URL | 飛雄/ひゆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。